Blog


iPhone 6 / iPhone 6 Plusをどのように購入すればお得なのか。MNPを利用して乗換えたほうが良いのかなどいろいろ迷う方もいらっしゃると思います。

iphone6

実にお得な買い方・使い方は

一言で言うと

iPhone6 SIM(シム)フリーでmvno契約(格安SIM) + ガラケー = かなりの節約

こうなんではなかろうかと思います。

まずSIMフリーとはなんぞや?という方はこちらサルでも分かる!SIMフリーとは?

まずSIMフリー端末がAppleストアで公式に買えるようになった。これが大きい!

シムフリー版のiPhoneを買って、「日本通信」「OCNモバイル」などのmvno契約(格安SIM)をすることで格安で利用できます。

データ通信専用のSIMカード。
データ通信に加えて音声対応、つまりMNPで今まで使っていた電話番号も使えるSIMカード。
データ通信に加えてSMS機能付きのSIMカード。
などでスマホが使えるようになる。

そのかわり、今までのキャリアから離れる(解約)ため、いままで使ってきたキャリアメール(@i.softbank.jpや@docomo.ne.jpや△△□@ezweb.ne.jp)のメールアドレスは使えなくなります。

しかしキャリアメールも継続して使いたいので、通話専用機として昔から利用していた携帯を利用し、スマホとガラケーの2台持ちにする。

以上です。

これまでの支払い状況はキャリアによるiPhoneを月々8000円ほどで使ってきました。

一方、データ通信専用のmvno契約(格安SIM)したSIMフリーのスマホ と 通話専用のガラケー の2台持ちになった場合、

iphone6 simフリーを「MVNO」のメジャーどころの「OCN モバイル ONE」で使うと月々1188円(1ヶ月の通信容量1GB)。
ちなみに、1ヶ月の通信容量に1GBを選択したのは、自宅ではwi-fiを使っており、だいたい1GB以内に収まっているからです。もし、もう少し容量が多くほしい人には2G~のプランもあります。

さらにガラケーではドコモのバリュープランで割引をうまく使うと800~1000円弱で使える。

したがって合計2000円ほど。

いままでのキャリアによるiPhoneの利用金額に比べ、約6000円ほど安くなります。

1年で72,000円の差。
2年で144,000円。
3年で216,000円。
4年で288,000円。

1年でiphone6 simフリーの端末代やiPhone 6 Plusのsimフリー端末代の大方がペイできます。
それどころか、月日を重ねるほどに出費に差が開いていくばかりです。

ちなみにキャリアメールは別に破棄してもいいという方は、今の電話番号をそのままスマホでも使えるようにMNPにて音声通話に対応しているmvno契約(格安SIM)に移行すると、音声通話対応付のmvno契約 のみになります。

 音声通話に対応しているmvnoといえば「BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIM」や「IIJmio」などで、それぞれ月々1600円(1ヶ月の通信容量1GB)。から取り扱っているようです。音声通話対応つきのmvno契約(格安SIM)だけでよいのであれば月々1600円でスマホが使えるようになります!

ちなみに、電波状況といったエリアの心配をされる方がいると思いますが、このmvnoはほとんどが人口カバー率100%のNTTドコモの通信インフラを使っていますので安心です。

また契約更新月に解約しないと違約金が発生するので今すぐというわけにはいかない人が多いと思いますが(自分の場合は11月末)、タイミングが合えばmvno契約(格安SIM)への移行がおすすめです。

最近ちらほらネットで耳にするようになった「simフリー端末」、「格安SIM」、「mvno」。はっきりいってこれらを知って使っている人はまだ少数ではありますが、まちがいなく今後スタンダードになってくること間違いなしです。それが、iphone6 simフリーの売れ行きにも表れており、公式Appleストアでの予約においてもすぐに初日出荷の予約分終了。出荷予定は3週間後になっていました。知っている人は、やっています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

その他